医学部を目指す社会人は予備校の必要性を認識しよう!

社会人になっても医者になる夢を諦めきれない人もいます

医学部 予備校 社会人大学生・社会人の再受験講座【医学部・東大・難関大】

社会人になっても医者になる夢を諦めきれない人もいます / 本気で合格したければ受験勉強のスタイルに抜本的な改革を起こす / 正しいゴールに向かって最短時間で到達できる

どの大学においても医学部は最難関の学部となっています。
ですから、医者になることを志して努力したにもかかわらず、最終的に夢が叶わなかった人は珍しくありません。
そのような人たちは、薬学部をはじめとした医療関係の学部に進学するケースが多いですが、それ以外の道を選ぶ人も見受けられます。
理由はさまざまですが、他の理系学部に進学してサラリーマンや公務員になるケースもたくさんあるのです。
また、自分の選んだ職場で働き続ける人もいる一方で、医者になる夢を諦めきれない人もいます。
終身雇用制が廃れたことも影響していますが、医者になろうとして受験に再チャレンジする社会人が多くなりました。
また、学生時代は医者に興味はなかった人でも、心境が変化してそうなりたいと思うケースもあります。
たとえば、新型コロナウイルスと戦っている医療従事者を見て、その献身の精神に憧れを抱く人もいるでしょう。
もっと単純な理由で目指すことも多く、サラリーマンの給料が低すぎて、高収入を求めて医師になりたいという人もいます。
いずれにせよ、医学部を受験したいと思っている社会人は決して少なくありません。
しかし、その願いを実行に移せる人はごく一部です。
なぜなら医学部に合格するには、かなりの勉強時間を確保する必要があるからです。
普段の仕事が終わってから、自宅で普通に勉強しているだけでは、現役の受験生たちには太刀打ちできません。
絶対に不可能というわけではありませんが、ハードルがかなり高いことは間違いないでしょう。
学業の現役を退いてから何年も経っていると、忘れていることが非常に多いので苦労することになります。
高校時代のようには、スムーズに受験対策に移れないので注意しましょう。
中学校で学んだ知識さえ、危うい状態になっていることが多々あります。
合格を目指すなら、少なくとも高校時代の自分を上回らなければなりません。
多くの人は自分は高校時代のレベルを維持しているような感覚でいます。

独学で国立大の医学部を目指してます。

いま、学習効率が良くないことから、ネット予備校などの通信教育を受けることを 検討しています。

自分は社会人で、情報にも疎く、住む町も田舎なもので、適当な予備校もなく、優.. http://tinyurl.com/5raxeq

— 人力検索はてな (@qhatena) July 18, 2008